プラセンタの効果・効能ガイド

MENU

プラセンタの効果・効能まとめ

プラセンタの効果

美肌・美白効果

 

プラセンタには、水分と皮脂のバランスであるモイスチャー・エモリエントバランスを整えるという優れた保湿作用や、スカベンジャーというメラニン生成を抑える作用があるので、美肌や美白にとても効果的です。

 

このプラセンタの美肌・美白効果は化粧品としてお肌に付けるだけでなく、飲んでも効果を実感していただけます。

プラセンタの効果

アンチエイジング効果

 

プラセンタには、老化の原因のひとつとされる活性酸素を消去してくれる、抗酸化作用に優れた成分が豊富に含まれています。

 

また、細胞増殖因子や細胞間の情報伝達を担っているサイトカインという物質も多く、そのアンチエイジング効果はとても注目されています。

プラセンタの効果

不妊への効果

 

プラセンタを飲んでいると、新陳代謝が高まり血行が良くなって体のエネルギーが充実することから、妊娠しやすい体作りに効果があると言われています。

 

実際に、漢方ではヒト胎盤を紫河車(しかしゃ)と言って、古くから不妊治療に用いられています。

プラセンタの効果

更年期への効果

 

プラセンタにはホルモンバランスを改善する働きがあることから、更年期の様々な症状にも効果的とされています。

 

特に、医療機関で受けられるプラセンタ注射は、更年期障害の治療に効果が有り、保険が適用される場合もあるようです。

プラセンタの効果

発毛・育毛効果

 

プラセンタのホルモンバランスを改善する働きや、アミノ酸・ペプチド・ビタミン・ミネラルなどの豊富な栄養素は、体の調子を整えエネルギーが高まることから、発毛や育毛にも効果があると言われています。

プラセンタの効果

男性への効果

 

プラセンタと言うと、女性のためのものというイメージがありますが、その優れた滋養強壮作用は、もちろん男性の方にとっても疲労回復や若返りと言った効果があります。

 

有名男性の中にも、プラセンタを愛用している方は多いようです。

 

プラセンタの効果とは

大切な栄養成分の宝庫

プラセンタの効果

プラセンタには、ビタミン・ミネラル・タンパク質・アミノ酸・核酸・酵素・ムコ多類などの豊富な栄養素が詰まっているので、私たちの疲れた体を元気にしてくれるのです。

 

哺乳類は、赤ちゃんをお母さんのお腹の中で育てます。
この生命の誕生を何ヶ月にもわたって支えているのが、胎盤(プラセンタ)なんです。

 

そう考えたら、健康維持や美容のための成分がたっぷり含まれているのは、納得できますね。

 

こんな方におすすめ 

プラセンタは、「更年期障害」・「貧血」・「血行促進、冷え性」・「美容」・「滋養強壮」などに効果があると言われています。

 

いつまでも若々しく活力に満ちていたい方なら、どなたでもその効果を実感されることと思いますが、特に女性にとってはうれしい効果がいっぱいと言えますね。

プラセンタ化粧品

  体の中からも美容を考えている方に!
  更年期の栄養をしっかり考えたい方に!
  年を重ねても、活き活きとしていたい方に!
  すてきな笑顔に自信を持ちたい方の美容に!
  シャキっと1日を過ごしたい方の滋養作用に!

もちろん、プラセンタは女性だけではなく男性の方にも効果を実感していただけます。

詳しくはプラセンタは男性にも効く

プラセンタサプリメントとは

種類とその特徴

サプリメントとして取り入れることのできるプラセンタには大きく分けて、豚由来・羊由来・馬由来の3種類があります。

 

豚プラセンタ

豚は出産回数が多く生産しやすい点から最も流通しています。いろいろとワクチンを打たれていたりすることがあるので、しっかりとした衛生管理のもと品質管理をされている「SPF豚」を使用しているものが栄養成分が豊富と言われていておすすめです。

 

羊プラセンタ

羊と人間のDNAが似ていることから、胎盤のアミノ酸組成もヒト胎盤と類似しているとされています。

 

馬プラセンタ

馬は豚と比べてアミノ酸が多く含まれていると言われていますが、豚と違い出産が多くないので、その分高価になってしまいます。

 

プラセンタの種類についてもっと詳しく

 

賢い選び方

プラセンタの効果・効能ガイド

プラセンタサプリメントを選ぶ時、最も気をつけたいのが品質です。

 

原料となる動物の種類だけでなく、抽出法などによっても成分は違ってくるので、成分分析表でしっかりと確認しましょう。

 

たとえば豚プラセンタなら、抗生物質やワクチンを注射されていない「SPF豚」を原料としているものがおすすめです。

 

SPFは、(Specific Pathogen Free)の略で「特定の病原体をもっていない」という意味なので、飼料に薬品などが添加されていません。

 

また、ご自分の症状に合わせてプラセンタサプリを選ぶことも心がけると、より効果的です。

 

「貧血」であればビタミンB12・葉酸・鉄の含有が高いもの、「更年期、肌関連」ならばビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEにアミノ酸やタンパク質の含有が多いもの、「滋養作用」ならば、ビタミンB1やビタミンB6などが多いものを選ぶとよいでしょう。

 

気になる安全性

プラセンタは、すでに長い間サプリメントとして使用されてきていますので、その安全性については特に心配することはありません。

 

ただ、通常の食品と同じく、体質によってはアレルギーなどが起きることがありますので、万一使用していて発疹などがでてきたら、使用をやめて医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

詳しくはプラセンタの副作用と安全性

 

医薬品や化粧品にも

プラセンタの効果・効能ガイド

プラセンタは、サプリメントとしてだけではなく、医薬品や化粧品としても使われています。

 

ヒトの胎盤をサプリメントとして用いることはできませんが、医薬品としてプラセンタ注射や、「紫河車」という漢方薬として貧血や強壮作用を目的に使用されています。

 

またプラセンタは、シミ・ニキビ・シワの改善といった優れた保湿効果や美白効果、さらに自然治癒力を高めたり血行促進の効果にも優れていることから、美容成分としても人気が高く、多くの化粧品に取り入れられています。