プラセンタの不妊効果

MENU

プラセンタの不妊効果

不妊への効果

プラセンタの不妊への効果については、実際のところ、口から飲む形のもので、どれほどの効果があるかは、しっかりとした根拠はありません。

 

ただ、念のため妊娠を希望しない女性の場合は、妊娠しやすくなる可能性があるということは頭に入れておいたほうがよいかもしれません。
確かに、プラセンタは血行を改善して体温を上げるなど、妊娠に適した体内環境を作る作用があります。

 

プラセンと不妊

プラセンタ注射では、ピルを飲んでいても妊娠しやすくなると言われたり、不妊症の改善効果はプラセンタ注射だけでなく、サプリメントにも同様にあることが学会で報告されています。これは濃度や量の問題もあるかと思いますが、実際のエビデンス(証明)レベルとしては、多種多様の生物学的活性作用により、組織細胞の新陳代謝を高めバランス改善をしていくのであろうと思われます。

 

漢方の理論

中医学(漢方)では、不妊にはヒト胎盤が効くとされています。

 

ヒトの胎盤は、漢方薬では紫河車(しかしゃ)という生薬で、卵巣ホルモン、黄体ホルモン、アセチルグルコサミン、αーガラクトース、マンノース、多種のアミノ酸を含み、乳腺と女性生殖器官の発育を促進して胸を大きくする働きがあると言われています。

 

漢方の臨床理論でもある中医(ちゅうい)の理論からいくと、不妊は、″妊娠しやすい体作り”が重要で、それは産む力を高め、体のエネルギーである気血を充実させ、生殖能力にも関連する腎精をサポートする必要があるということです。紫河車には元気の素の「腎精」を増やし、「気血」の不足を補う働きがあるとされています。

 

まずは専門医へ相談

プラセンタの不妊への効果は、このようにはっきりしていないので、妊娠を希望しない場合は念のため注意し、妊娠を希望する場合は薬物を中心にいろいろな治療の方法がありますので、プラセンタを飲むことに関しては問題ありませんが、プラセンタだけで効果があると思わず、まずは病院やクリニックに相談することをお奨めします。