プラセンタの更年期への効果

MENU

プラセンの更年期への効果

更年期を幸年期に

 

プラセンタは更年期の症状に効果があると言われています。プラセンタが更年期に非常に深く関連しているホルモンバランスの乱れを改善してくれるからです。

 

プラセンタとは胎盤のことですが、胎児を何ヶ月も守る部屋みたいなもので、栄養が豊富にある場所になっています。

 

特にヒトの胎盤については、漢方薬で「紫河車(しかしゃ)」といわれる生薬として用いられますが、プロゲステロン(黄体ホルモン)やエストラジオール(卵胞ホルモン)などの成分が含まれています。

 

プラセンタと更年期

漢方ではこの紫河車は、薬理作用として強壮作用、抗アレルギー作用、入選、女性生殖器、卵巣の発育促進などの効果があるとされています。


また、各種成長因子も含まれているため、細胞を活性化し血行と新陳代謝を良くすることで、自律神経失調や更年期障害にも有用であると言われています。

 

豚・羊・馬の胎盤においても、生理活性に必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸、活性ペプチド、酵素など多くの成分が存在していることがわかっています.。プラセンタには多種多様の生物学的な活性作用があり、新陳代謝を高め、いろいろな生理作用が期待できます。

 

特に女性の場合は、40歳を過ぎると卵巣に萎縮が急激に起こり、機能が衰え、50歳ごろに閉経します。更年期は卵巣の働きが衰えはじめてから閉経するまでの間になりますが、年齢でいうと44歳〜55歳くらいにあたります。

 

この時期、ホルモンのバランスが乱れ、自律神経失調が起こり、いろいろな不定愁訴(のぼせ、発汗、どうき、冷え性、イライラ、ゆううつなど)が現れてきます。こういった時にこそ、活性ペプチドやアミノ酸、酵素を含むプラセンタを使用して、栄養面からも体をいたわりましょう。

 

注射による効果

更年期障害には、プラセンタ注射が効果的と言われています。

 

健康食品は、食品ですのでサプリみたいに「飲む」という形でしか認められていませんが、ヒト胎盤由来成分の医療用医薬品を用いたプラセンタ注射というものがあります。

 

しかし、これは普通の飲む健康食品とは違い、注射という医療行為が入りますので、病院やクリニックで医師に行ってもらう必要があります。

 

プラセンタの更年期への効果

美容クリニックなどで美容目的でプラセンタ注射をするということもあるみたいですが、美容目的だと保険適用外の自由診療になってしまい高くつきますので注意してください。

 

更年期障害の治療ということで、内科等を受診された場合は、保険適用されるケースがありますので、医療機関へ相談してみるのがよいでしょう。

 

プラセンタ注射は、ヒト胎盤由来成分を含有したもので、更年期障害と乳汁分泌不全(乳の出がよくない)時に1日1回2mLを毎日又は1日おきに皮下に注射するという使い方で用いられます。